Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

為替/FXディーラー

英語ではforeign exchange dealer、FXの解説でも書きましたように、略すとFX dealerではなくforex dealerです。

 

為替(FX)ディーラーというと、巨額のポジションを任され、自己売買を行い、その利益のある割合を収入としている一匹オオカミというイメージがあるかもしれません。しかし、独立された元プロのディーラーを除くと、実際のところ多くのディーラーは銀行などの金融機関に属しています

 

そして、今井先生が「FX入門〜初心者におすすめ!3タイプの銀行ディーラの比較と投資顧問、投資信託等」で解説されていますが、銀行のディーラーには3種類あり、みなさんがイメージしているポジションを任され、自己の裁量でトレードを行なっているディーラーはプロップディーラーと呼ばれる人達であり、すべてのディーラーが自身でトレードを行なっているわけではありません

 

ヘッジファンドなどの顧客とやりとりをして顧客に代わって為替の売買発注を行う人達は、カスタマーディーラーと呼ばれています。そして、カスタマーディーラーからの注文を受けて、例えばドル円の買いの場合はドル円を売る相手が必要となりますから、他の銀行の売り手を見つけて取引を行うインターバンクディーラーも存在します。

 

つまり、元プロの為替ディーラーといっても、実際にポジションを持たされていた方は少数であり、さらにチーフディーラーまで務められた方は一握りとなります。その中でも連戦連勝だったのが今井先生というわけです。

 

為替に限らず、ディーラーは実際に自分でポジションを動かして利益を上げているという自負があるためか、経済指標について予想するだけで実際にトレードをするわけではないアナリストエコノミストと自分たちは違うという意識が強いようです。

 

今井先生の本文にもそうしたニュアンスの解説が何回か登場していますので、見てみてください。

 

用語集へ戻る

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

↓クリックしてランキングにご協力お願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FXの基礎知識へ
にほんブログ村


為替・FXランキング