Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者おすすめコラム チャートポイントは必須で予測を間違えたらすぐ損切り!

FX入門〜初心者必見!CTAやHFTを含むヘッジファンドがテクニカル分析を用いて相場の撹乱要因になっており、チャートポイントを見ないでの取引はありえない!

 

FX入門者から脱初心者を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめFXの始め方・やり方講義のコラムも第10回目となります。今回は結局、皆チャート信者をご紹介します。

 

FXに限りませんが、チャートを駆使して、過去の市場の値動きから将来のそれを予想する方法を、テクニカル分析といいます。一方、需給に影響する外的要因を元に値動きを予想する方法を、ファンダメンタルズ分析といいます。

 

投機筋と呼ばれるヘッジファンドは、主にテクニカル分析を用いてタイミングを計り大きく市場を動かすので、短期的な錯乱要因なっています。

 

自動売買を行うCTAHFTも、類似した手法やレベルで市場参入するため、撹乱要因となります。その規模は年々拡大しており、市場介入でも動かせないほどです。

 

こうした環境から、現在ではFXや株式などの相場においては、テクニカル分析を利用する投資家が増えています。逆に、チャートポイントを知らずに取引している投資家は入門者や初心者の方を除いてはいないといっても、過言ではないでしょう。

 

FX入門〜初心者注目!チャートポイントの内側・外側には利食い・損切り注文が並ぶ!

たとえ「自分は全くチャートを信じていないので全く使わない」と言って勘やフィーリングで取引をしているというプロの為替(FX)ディーラーでも、以前に経験した値動きの記憶に頼っているケースが多く、結局はみんな「チャート信者」ということになります。

 

多くの投資家が似たようなデータや手法を使うことから、当然ながらほとんど同じ結論を得ることになり、いっせいに一緒の方向に動くことになります。従って、チャートポイントの内側・外側には自然と、それぞれ利食い・損切りの注文が入っているケースが多くなります。

 

FX入門〜初心者注目!テクニカル分析は予測で絶対ではなく、間違えたらすぐ損切り!

相場転換点や、損切り注文を置くポイントの判断材料になるため、テクニカル分析はFX入門者や初心者の方にとっても、必須科目です。

 

しかし、テクニカル分析はあくまでも予測でしかありません。本サイトの中でも繰り返していますが、予測を間違えたら素直に損切りすべきです。FX入門者や初心者の方は、テクニカル分析を絶対的なものなどと思ってはいけません

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!