Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

今井雅人直伝の入門〜初心者におすすめのスイングトレード用FXチャート問題集 LEVEL1 A9

第9章のFX入門者向けスイングトレード用チャート練習問題LEVEL1 Q9の解答

 

FX入門者から脱初心者を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめFXの始め方・やり方講義の第9章の第20回目は入門者向けのスイングトレード用のチャート練習問題LEVEL1Q9の解答です。

LEVEL1 Q9-1 為替(FX)チャートの高値圏で長い陽線が出た後、陰線が出ました。あなたなら、このときどうされますか。

LEVEL1 A9-1

Level1 A9
Level1 A9

 

為替(FX)チャートに現れた2本のローソク足の形から、暴騰・暴落のパターンだと判断できます。週足を見ても140円を抜けたあたりのポイントは抵抗となり、値が抑えられています。(ちなみに、このように相場がもみ合ってなかなか値が上がらないことを「頭が重い」と言います。)

 

ただし、下値を見てみると、しっかりトレンドラインに底が支えられているのがわかります。

 

ここはいったん様子を見つつ、このトレンドラインを下に抜けるか抜けないかを見極めましょう抜けていくようであれば、売りを考えたいところです。

LEVEL1 Q9-2  同じ為替(FX)チャートからの出題です。Q9-1で注目した長い陰線の後、さらに大きく下落しました。あなたなら、どうされますか。

LEVEL1 A9-2

この為替(FX)チャートからは、トレンドラインをしっかりと割り込む、はっきりしたブレイクが確認できます。前述の週足での頭の重さもあるわけですから、FX入門者や初心者の方も躊躇なく売りで仕掛けたい場面です。

 

大切なことは、トレンドラインを割り込む直前に暴騰・暴落のパターンが出現していますから、急落がある程度予測できたということです。展開を予測しておいて、思った通りになったら素早く勝負する。この「事前の予測」ができると、実際にパターンが現れたときに、迅速に、自信を持って勝負することができます。

 

そのためには、FXトレードノートをしっかりとつけて、ブレイクがあったら即座に売りポジションを持つというシナリオをQ9-1の段階で建てておくことが必要です。140円の少し下のポイントにあらかじめ売りポジションを入れておくことが、ベストとも言えるでしょう。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!