Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者にはストップロスオーダーが必須!

FX入門者や初心者におすすめ!何度も取り上げられてきたトピックである損切りについて!

 

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方講義第8章「今井流FXチャートの基礎」の第3回目は再び損切りの話でしたね

 

損切りについては第1章の「FX入門〜初心者には損切りや逆指し値注文等のリスク管理が必須!」以来何度も取り上げられているトピックですよね。

 

何度も取り上げられるということは、それだけ重要で、また、かつての私のようになかなかできていないという入門〜初心者の方が先生の仰るように少なくないのでしょうね。

 

FX入門者や初心者に注目!豪ドル円の2007年2月から8月の日足は穏かな上昇トレンド相場後の暴落

 

X君

そうですね、FXでは損切りは重要ですよね。

 

図4 2007年豪ドル円日足
図4 2007年豪ドル円日足

 

この図4で8月に損切りをしていなかった投資家は大きな損失を出してしまったと先生が解説されていますが、その通りですよね。

 

もみ合ってからい大きな下ヒゲをつけてから2日間上昇から暴落しているので、もし入門〜初心者の方が逆指値注文を入れてなかったら、そのまま見ているだけという状況だったのではと思っちゃいました

 

先生の解説を読むと、3月から7月のトレンド相場で儲かっていたとすると、自分の限界点を知ることを忘れて調子に乗って勝負したら利益が飛ぶだけでなく損をしてしまったという情景も思い浮かびました

Fさん

はい、「FX入門〜初心者は1回の取引での儲けの限界点と損失許容量を知るべき!」で先生が述べられていたことですよね、天狗になるなというコラムも思い出しました。

 

しかし、今ならばしっかりと上昇トレンドで儲けて、逆指値注文を入れて、利益を出せそうな気がします。

FX入門〜初心者でもトレンド相場で大きく儲けて、逆指値注文で損失を限定すれば勝てる!

 

3月から7月は5月から6月のレンジを除けば分かりやすいトレンド相場だったわけですから、今ならば儲けられる自信がありますし、入門〜初心者の方でもこのサイトを今までちゃんと読んでいれば勝てたのではと思います。

 

そして今では昔と違って逆指値注文を入れる習慣もできているので、8月の暴落でも損失は限定できていると思います。

 

問題はこの2、3年分かりやすいトレンド相場が来ないことですよね。

 

先生の仰るように暴落時に売りポジションを持って売りでも利益を上げる可能性があったということは納得はできますが、自分にはそれをできるという自信までは残念ながらまだないですね

 

FX入門〜初心者は損切りをネガティブな作業と考えずにポジティブな作業と考えるべき!

 

そして最後のトピックの損切りをネガティブな作業ではなく次のチャンスのためのポジティブな作業と考えるということも身についたと思います、X君はもちろん最初から出来ているでしょうけど

X君

逆指値注文を習慣化し、損切りもポジティブに捉えられるようになってよかったですよね〜。

 

でも、Fさんが出来ていなかったのは本屋さんで元プロでない方が書いた「〇〇のFX入門」みたいな本を買って自己流でやられていたからだけだと思います。

 

このサイトを最初から読んで勉強されている方ならばほとんどの方が損切りの重要性と逆指値注文の習慣化の必要性については理解されているはずだと思いますけど…..

Fさん

はい、確かにそうですよね…..

 

今はおかげさまでストップロスオーダーOCO注文を使いこなせるようになりました

 

7月第1週は米国10年債が2%を回復しドル円が上昇、キウイの戻り売りは成功!

 

ところで、前回FX入門〜初心者におすすめ!ローソク足チャートをマスターする!」Forexliveのニュースに基づいて7月1日の夜8時ごろに72.52でショートしたキウイ円はまだキープ中です。

 

2日の夜中2時にForexliveの記事でショートした108.45円でショートした米ドル円は翌日11時に107.58円で買い戻しましたけど、予想どおり東京時間にもさらに下げたので。

 

久しぶりのデイトレでしたけど、Forexliveには助けられています。

X君

そうなのですね、Forexliveは確かに良さそうですね、僕も使い始めました。

 

しかし、G20の米中貿易戦争問題でのドル高はやはりあっという間に終わっちゃいましたね〜。

 

ファーウェイ問題も米国製部品の輸出は汎用品に限るということで、ただ問題が先延ばしになっただけなので当然なのでしょうけど

 

その代わりなのかトランプ大統領はヨーロッパには関税追加したので日本にも参院選後には円安反対言いそうですよね。

 

そうなると、やはり今月中に米ドル円の戻り売り狙いという事で、米国雇用統計後に5日の23時に108.55円で米ドル円をショートしました。

 

forexliveによると雇用統計が予想以上によかったのでFOMCでの50ポイントの利下げ様子は27%から11%に低下、25ポイント予想が大半になったようです。

 

その結果、米10年国債の利回りも数日ぶりに2%を回復したので米ドル円が急上昇したのでしょうけど、どうせまたトランプ大統領が利下げ圧力をFRBにかけるでしょうからここは一度売って、下げたら買い戻して、FOMC前後でまた上げたら再び売り戻そうかと。

 

せっかく情報が入ったら行動しなくては意味がないというFさんの経験談を思い出したのですが、僕も今年はあまりトレードできていないので、ここは勝負することにしました!

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!