Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門者や初心者は高値圏や底値圏で十字線、たぐり線が出ても翌日長い陽線がでないと見送るべき!

FX入門〜初心者必見!同時線とも呼ばれる十時線というチャートパターン

 

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方講義第8章「今井流FXチャートの基礎」の第13回目は知っておきたいチャートパターンである十時線とたぐり線とトンカチについての講義でしたね。

 

まずはFX入門者や初心者の方がまず覚えるべき「同時線」とも呼ばれる「十時線」についての解説でしたね。

 

図24 十字線
図24 十字線

 

始値と終値が一緒で四角いローソクの部分はほとんどなくなって十字架のような形状になる十時線は確かによく見かけますよね。

 

この十時線が高値や底値圏で出現すると為替(FX)相場が反転することがあるということのようですね。

FX入門〜初心者は高値圏でのたぐり線にも注意!

X君

はい、底値圏や高値圏で売り手と買い手がせめぎ合って始値と終値が同じになるので為替(FX)相場が反転する可能性があるということですよね〜、だけどあくまで可能性に過ぎないと

 

図25 たぐり線
図25 たぐり線

 

そして、さらに先生が解説されているように、高値圏での十時線の場合もたぐり線の場合も、上ヒゲが長ければ長いほど上昇への抵抗が強いことになるので、下落に転じる可能性が高いということですよね。

 

この為替(FX)チャート形状をたぐり線と呼ぶ事は知りませんでしたけど

 

急な下落の後の暴騰はその反対ですよね、現在は円全面高でまさにこの状況なのでリバウンドには気をつけなくちゃです

Fさん

FX入門〜初心者は底値圏でのトンカチにも警戒が必要!

はい、その通りですね、そしてたぐり線の上ヒゲでなく下ヒゲが長い状態でその形状からトンカチと呼ばれるチャート形状の場合がまさに現在の円全面高の底値圏の場合でウオッチする必要があるわけですよね。

 

ただし今週はお盆休みで12日にはフラッシュクラッシュこそありませんでしたが、先週末と比べオセアニア通貨で100pips、米ドル円も105円を切るかという地点まで下落しました。

 

15日には米国国債の償還期限があるとのことですが、香港でのデモが収まらず、中国が元を1米ドル=7元超えにここ数日低めに誘導している現状を考えると、日本の機関投資家はマイナス金利の日本の国債や株には投資はしないにしても円高リスクがある米国国債にすべて再投資するとは考えずらく、現金比率を高めるのではないでしょうか?

 

そうなると15日までは香港などの地政学リスクに加えこの米国債の償還も円高要因となるので、トンカチが出現し、円安方向にリバウンドするのは19日以降になるのではないでしょうか?

 

図26 トンカチ
図26 トンカチ

 

FX入門〜初心者必見!豪ドルに8月7日に底値圏で長い下ヒゲのトンカチが出現したが、今週はお盆休みなので売りを継続して正解だったが…

先週からショートしているキウイ円、OG円、ユーロ円に今週は犠牲祭で休場なので週末に加えたトルコ円まで全てショートが育っていました

 

100pips程度のゲインでしたが、13日夜のトランプ大統領の一部関税を12月に延期発言でトルコリラとケーブル以外はマイナスになったのには驚かされましたけど、我慢してキープしてたら翌日にはプラスに戻りました。

 

来週には売り方の買い戻しや買い方の新規買いでそろそろトンカチが出現しそうなので要チェックですね

 

8月13日時点では米ドル円に底値圏の十字線が出現していますが、下ヒゲは短いのでまだ下がっていました

 

豪ドル円では図24にあるように8月7日(唯一の赤い陽線の次の陰線)に長い下ヒゲをつけたトンカチが出ましたが、今週はお盆休みでヘッジファンドの仕掛けがありそうなので、手仕舞いはしませんでした。

 

図27 豪ドル/円日足 出典: 外為どっとコム
図24 豪ドル/円日足 出典: 外為どっとコム

 

やはり今井先生の仰るようにあくまでもチャートは目安であって予測どおりに行くとは限らず、ファンダメンタルズも見なくてはならないということの証明だと理解できたのですが、トランプ大統領のツイートが現在は一番影響力があるようです

FX入門〜初心者必見!底値圏の長い下ヒゲを伴った陰線の翌日の長い陽線がエントリーのタイミング!

次に底値圏での長い下ヒゲを伴った陰線の翌日の長い陽線について解説されていますね。

 

図24でもそう言われると確かにトンカチは出ましたがその後も陰線が続いているので、ファンダメンタルズだけでなくチャートでもまだ買いのサインは出ていなかったのだと気づきました。

 

やはりまだまだチャートをしっかり見ずにファンダメンタルズに頼っているのだと分かり、勉強になりました

 

先生の解説どおり、もっともっとチャートを数多く見て、その奥に潜む人間の行動心理について気がつけるようになりたいです!

X君

はい、FX入門〜初心者の方でも今回の先生の講義から図24の豪ドル円の為替(FX)チャートからはまだ買いではないのだと読み取れそうです

 

トンカチは確かに出ていますがFさんが仰るようその後は陰線が続いているのでトンカチはどこだかパット見では分からないぐらいなので、長い陽線が出ていないのでまだ買えないですよね〜

 

結局先生がいつも仰っているように、やはりチャートだけでなくその裏にある行動心理学を考えないといけないそれをわかるためのツールがチャートでたくさん読むことが必要というのが結論のようですね

 

先生とFさんのおかげで底値圏でのトンカチだけでは買うべきでないとすぐに判断できました、入門〜初心者の方にもわかっていただけたと思います。

 

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!