Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者おすすめコラム FXでのハイレバ取引はもはやギャンブル

FX入門〜初心者必見!ハイ・レバレッジ取引はギャンブルと同じ!

 

FX入門者から脱初心者を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめFXの始め方・やり方講義のコラムも第9回目となります。今回はハイレバ取引はもはやギャンブルをご紹介します。

 

ハイレバとは、いわゆるハイ・レバレッジのことで、規制前には300倍、400倍という高いレバレッジの取引も存在しました。正直、これはギャンブルだと思います。本来、レバレッジというものは、投資対象のボラティリティによって設定されるべきものです。

 

たとえば、米ドル円の取引であれば1日で2%程度動くことがあります。FXにおける投資家保護という観点から、1日に2%のボラティリティを許容できるレバレッジは何倍までなのでしょうか。

 

10倍であれば、1日の平均な値動きで20%の損失が生じることを意味します。もしこのような値動きが立て続けに起こったら、証拠金はさらに毀損することになります。

 

では、レバレッジを50倍まで高めて、2%のボラティリティが発生したらどうなるでしょうか?そう、これはもう完全に、預託した保証金が全額吹き飛んでしまう計算になります。2%✖️50(倍)=100%だからです。

 

FX入門〜初心者必見!ハイ・レバレッジが人気だったのはリーマンショック以前の豪ドルなどのスワップポイント狙い

これだけのリスクがあるにもかかわらず、どうしてこれほどのハイレバが容認され、人気を集めてしまったのでしょうか

 

ひとつ考えられるのが、高いスワップポイント狙いの投資家が非常に多かったということです。たとえば、高金利通貨として知られるオーストラリアの政策金利は、5%に上がった2003年11月以降2008年12月に4.25%に下がるまで約5年も、5%〜7%台の間を行ったり来たりしていました。

 

レバレッジをまったくかけずにFX投資した場合、年率5%のスワップポイントが期待できるとしましょう。もしレバレッジを20倍に設定すれば、年間100%ものスワップポイントが入ってくる計算となります。しかも、当時でさえ日本は長いこと超低金利が続いてきました。そうしたなか、レバレッジを高めることによって、年間100%ものスワップ金利が入ってくるということになれば、誰しも興味を持つに違いありません。

 

本来ハイ・レバレッジの取引は、スキャルピングと呼ばれる超短期トレード型のFX投資家が、少ない値動きのなかでもキャピタルゲインが狙えるように設定されました。ところが当時は、キャピタルゲインを狙うのではなく、より多額のスワップポイントを確保するために、乱用されていたわけです。

 

正直、「こういう使い方もあったのか」とFX入門者や初心者の方を含む個人投資家の方の知恵には脱帽したいくらいでしたが、一方で、「これだけのレバレッジで取引しても大丈夫なのだろうか…」という心配もありました。

 

もちろん、為替(FX)相場が大きく下げることなく1年以上もの間円安・外貨高が続いてきたということも、ハイ・レバレッジの取引が人気を集めた背景にはあるのでしょう。

FX入門〜初心者必見!現在は円高傾向で為替差損リスクがあり高金利通貨のハイレバ取引は厳禁、やるなら1倍~3倍の低レバレッジで!

しかし、2007年8月以降の相場の乱高下を経たリーマンショックを通じて、FX入門者や初心者の方だけでなく、多くの中上級者を含む個人投資家の方は、ハイ・レバレッジのFX取引がいかにリスクの高いものであるかということに、改めて気がつかれたのではないでしょうか。

 

いわゆる“プロ”と呼ばれる銀行のディーラーでさえも、レバレッジはせいぜい5倍までというのが実際の姿なのですから…。現代の南アフリカ・ランドトルコ・リラ などのエマージング通貨を除けば金利が2.25%以下の円高傾向の状況においては、FX入門者や初心者の方はハイレバはギャンブルだと認識するようにしてください。

 

週足で見た中長期的に円高のポイントで、レバレッジは低く抑え、エントリーするのが無難でしょう。

 

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!