Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者必見11の必勝原則⑤資金を潤沢に残しておく⑥トレードノートを習慣化

FX入門者や初心者におすすめ!FX必勝原則の⑤と⑥

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめFXの始め方・やり方講義の11のFX必勝原則の第3回目。今回は資金を潤沢に残しておくとトレードノートを習慣化についての講義となります。

 

FX入門〜初心者必見の必勝原則5. FXでは資金を潤沢に残しておく!

前々回の必勝原則の第1回の講義「FX入門〜初心者必見の11の必勝原則①予測は外れる②売りは速い」で予測は当然外れることも有るとお伝えしました。もし予測が外れたら次に問題になってくるのは資金です。FX入門者や初心者の方には特に注意して頂きたいのですが、本当に勝負したい局面で資金が残っているかが重要です。

 

FXに限らず投資においては、資金を残しておくということは当然のように思えますが、実際はこれがなかなかできないのです。

 

リーマン・ショックに端を発した2008年の世界金融危機のときのように為替(FX)相場が大きく動くと、あっという間に資金がなくなり追証(マージン・コール)を余儀なくされる、または資金を入れられずに資産の大半を失ってしまうことがあります

 

それは極端な話かと言われるかもしれませんが、資産を徐々に失っていくことはあるでしょう。

 

そのような羽目に陥らず次のビッグチャンスに万全の体制で臨めるように、FX入門者や初心者の方は特に資金をしっかり確保しておくことが大事です。

 

そこで重要になってくるのが、ポジションの「取り方」に関する以下の2点です。

1)FXではチャンスのときのみエントリーする、2)FXではご自分のシナリオを持つ

 

図31 反転の兆しが見えたら勝負!
図31 反転の兆しが見えたら勝負!

 

1)は、本当に自信のあるとき以外は売買をしないということです。FXのチャート分析の練習を繰り返していくと「チャンスだ!」というタイミングがわかるようになってきますから、そのときだけ勝負してください。当然のようですが、これも上述の資金を残すことと同様、簡単ではないのです。

 

売り買いを頻繁に繰り返せば利益を上げられると思ってしまうのです。少し考えればわかることですが、数多く売買をするということは必ずしも利益に結びつきません。特にFX入門者や初心者の場合は、回数が増えていけばその分だけ失敗も増えてきます。途中まで大きく利益が出ていたとしても、無用な売り買いを繰り返すことでじりじりと損を出し続け、折角の利益を吐き出してしまうこともあるでしょう。

 

こういうことにならないように、特にFX入門者や初心者の方は、チャンスだと思える時のみエントリーするように心がけましょう。

FX入門〜初心者必見は意味のない売買を避けるために、エントリー前に自問自答し、自分自身のシナリオを持つべき!

それでは、意味のない売買を回避するためには、どうすればいいのでしょうか。れは、“自問自答”することです。「なぜ今、売買しようと思うのか」「本当にチャンスなのか」「ただ。売買を楽しみたいというだけで取引をしようとしていないか」。

そしてこの“自問自答”するためのヒントとして重要なことが過去を顧みる行為、すなわち「振り返り」です。これについては次項で解説します。

 

2)の「FXではご自分のシナリオを持つ」ですが、これは損切りだけでなく「利食い」でも役立ちます

 

FXでのシナリオというと、「米国の経済指標が悪かったら、一層米ドル売りが進むだろう」というようなファンダメンタルズをイメージする人が多いかもしれません。しかし、FXのチャート分析でも、ご自分なりのシナリオを立てることは重要です。サポートラインが割れたから売りで勝負する、ダブルボトムが確認できたから買いで攻めるなど、ご自身の行動指針を明確にするのです。

 

こうしたご自分なりのシナリオを持てば上述の「無用な売買」を防ぐこともできますし、ポジションを取ったあとの行動についてもご自身の中に答えを見つけることができるのです。

 

いざというとき十分な資金を確保しておくためにも、ここでご紹介したFXにおいてのポジション管理の2つのポイントについて、特にFX入門者や初心者の方は決して忘れないでください

FX入門〜初心者必見の必勝原則6. FXではトレードノートで「振り返り」の習慣をつける!

前項で、利益を確実に得るためには「振り返り」が大切だと書きました。ただし、この「振り返り」を毎回心の中だけで行うというのは、簡単なことではありません。そこで効果的な手段として、前章でも説明しましたが、「FXトレードノート」をとるという方法があります。これは、特にFX入門者や初心者の方にとっては必須項目なので、しつこいようですが、再度触れさせて頂きます。

 

このノートには、FX取引の記録を残しておきます。経済指標を記録しておくのもいいのですが、それよりもトレード時に考えたことを留めておくことをおすすめします。ご自分の「心」を振り返り、それを有効活用できるからです。

 

人間の気持ちは、書くことによって整理されます。「この相場のとき、ご自身はどういう心理状態だったのか」「なぜここでトレードを始めようと思ったのか」「なぜ、このときはうまくいって、このときは失敗したのか」<

 

このように、内面を振り返る手段として活用すれば非常に役に立ちます。むしろ、不可欠だといったほうがいいかもしれません。記録をきちんと残しておけば、「FXトレードノート」は、いずれFX入門者や初心者であるみなさんご自身を成長させてくれるはずです。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!