Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者必見11の必勝原則③順張りで勝負④振れ幅は5~10%

FX入門者や初心者におすすめ!FX必勝原則の③と④

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめFXの始め方・やり方講義は前回から、11のFXに必勝原則に入っています。今回は順張りで勝負と1回の為替(FX)相場の振れ幅は5%についての講義となります。

 

FX入門〜初心者必見の必勝原則3. FXでは願望で売買する事になる逆張りでなく、値動きに素直に従う順張りで勝負!

第7章で解説した「順張り」と「逆張り」について、ここで簡単に復習しておきましょう。

 

「順張り」と「逆張り」どちらがいいかということがよく議論になりますが、私自身は基本的に順張りだと思っています。逆張りだと、「そろそろ上がるだろう」「これだけ上げたのだからもう下がるはずだ」とご自分の“願望”で売買をすることになるからです。

 

FXでは、特に入門者や初心者の方は、ご自分の希望と為替(FX)相場の動きが一致しないということは、往々にしてあります。そうした際に「上がるはずだ」「もう下がるはずだ」という“思い込み”に縛られてしまうため、相場の流れと逆のポジションを取り続け、大きな損失を出してしまいます。数年に一度の大相場があっても、損を出さなければマシで、黙って見ているだけで終わってしまいます。

 

FXに限らず、値動きに素直に従うという相場の鉄則から考えても、上昇しているときはそのまま上昇に乗っかる「順張り」、下落しているときはそのまま下落に乗っかる「順張り」を基本戦略に据えたいところです。

 

FX入門〜初心者必見!急激に動いたときは反転する可能性!

ただし、ひとつ注意していただきたいのは、急激に動いた後は反転する可能性が高いということです。前述の「暴騰・暴落」のパターンは、その典型でしょう。

 

反転のタイミングをうまく捉えるという意味では、逆張り的な発想も必要になって来ます。値動きに対しては順張りで勝負しつつ、頭の片隅に「そろそろ終わるかな」という逆張りの意識を持っておくということです。

 

一方向に動いていた為替(FX)市場が反転を始めたら、予想していた動きが来たということで、現在のポジションをクローズし反対のポジションを取る。こうすれば、より多くの収益が得られるでしょう。

 

ポジションを決済するだけにとどめる、ドテンする、いずれにせよ利益を獲得するためには「値動きに対しては順張り」という姿勢は、変わりません。FX入門者や初心者の方も、これはしっかりと覚えておいてください。

 

FX入門〜初心者必見の必勝原則3. FXでは1回のトレンドの振り幅は約5%、大きいときは約10%

為替(FX)相場で現れるトレンドの1回の振り幅としては、5%が目安となります。例として、ユーロ円が1ユーロ=120円から上昇トレンドに入ったとしましょう。5%は6円ですから、126円が上値の目処となります。逆に、下落トレンドでは114円ということです。大きなトレンドの際は10%ですので、それぞれ132円、108円です。

 

もっとも、近年の相場は変動が非常に激しいため、必ずしもその限りではないというのが正直なところです。しかし、FX入門者や初心者の方も、一応の目安として覚えておいて損はないでしょう。

 

たとえば、再びユーロ円を例に見てみると、2005年と2006年は4〜5%程度のトレンドがそれぞれ3、4回ありましたが、それ以上のトレンドは発生しませんでした。しかし2007年には10%程度のトレンドが3回発生しています。

 

このように、トレンドの振幅は5%程度が多く、10%のこともあるのです。もちろん2008年にはリーマン・ショックにより20%以上も急落していますが、それは例外といってもいいでしょう。

FX入門〜初心者は5~10%を目安として反転に備える!

では、なぜ5%または10%動くと反転するのでしょうか?これは、前述の通り、相場には適切なスピードというものがあるからです。2〜3ヶ月で5%または10%という値動きはいささか大きすぎるため、反対に戻ることになるのです。

 

ただし、繰り返しになりますが、この数字は絶対ではありません。前項の「順張り」「逆張り」のパートで説明したように、FX入門者や初心者の方は「5%または10%動いたのだからそろそろかも……」というくらいの意識を持つようにしてみてください。<

FX入門〜初心者は、相場が反転した時は値動きの幅は徐々に小さくなるが、流れは継続することを知るべき!

 

ところで、為替(FX)相場が何かのきっかけで動いたときは、その流れは継続しやすいという傾向があります。最初は大きな振幅で上下動を繰り返しますが、しばらくすると値動きの幅は小さくなっていきます

 

FX入門者や初心者の方は、このパターンも重要ですので、覚えておいてください。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!