Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者は暴騰・暴落の際には日足を長めのスパンでタイミングを見極めポジションを小さく!

FX入門者や初心者は必見!為替(FX)チャートでの傾きは値動きの速度を表す!

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめFXの始め方・やり方講義は、FXにおいてのチャートの見方についての解説の9回目で暴騰・暴落のパターンについての講義となります。

 

説明に入る前にひとつ確認しておきましょう。この章の冒頭で、為替(FX)チャートは「価格」と「時間」で表されると書きました。また、縦軸が「価格」、横軸が「時間」ということも、ご説明したと思います。それでは、“傾き”は何を表しているのでしょうか?

 

為替(FX)チャートでの傾きは、値動きの速度になります。

FX入門者や初心者必見!不自然はスピードで上昇している相場は突然崩壊する!

 

ゆっくり上昇している為替(FX)相場は、いきなり大きく崩れることは、あまりありません。しかし、急な傾きで上昇している相場、あまりに不自然なスピードで上昇している相場は、突然崩壊することがあります

 

図20 急上昇する相場に注意!
図20 急上昇する相場に注意!

それでは、なぜ後者は突然崩れてしまうのでしょうか?実は、これにもきちんとした理由があります。

 

暴騰している為替(FX)相場でも、当初の値動きは穏やかです。このゆっくり上昇する動きは、プロの為替(FX)投資家がひそかに買っていることを表しているのです。しかし、ローソク足チャートが段々上昇してくると他の投資家もこの動きに注目してエントリーするので、上昇が加速化されます。そして、さらに上昇すると入門者や初心者である素人投資家も、「ずっと上昇しているから、これは利益を上げられるチャンスじゃないか」ということで買い始めます。

 

ちょうどFXニュースや新聞などで相場の変化が騒がれるのがこの頃です。この段階になると莫大な資金が為替(FX)相場に流入してくるので、急激に上昇していきます。

急上昇した相場は悪材料が出ると突然崩壊するのでFX入門〜初心者は注意!

 

このように資金が大量に相場に集まっているときに少しでも悪い材料が出てくると、それを契機に決済するプロの為替(FX)投資家も多いわけですから、大量の売りが出てローソク足は大きな陰線をつけます。するとヘッジファンドのプログラムが自動的に大量の売り注文を出しさらに下落、それを見て手仕舞いをしていなかった入門者や初心者が大半の一般投資家も慌てて決済(売り)注文を出すことで、一気に暴落することとなるのです。

 

急速に集まった資金は逃げ出すのも早いので、「スピードが速すぎる相場はどこかに異常がある」、入門者や初心者の方はそう思っていただいて間違いないでしょう。

FX入門者や初心者必見!為替(FX)相場の暴騰・暴落への対処法とは?

 

そのスピードは、どうやって判断するのでしょうか。これは、難しいことではありません。

 

たとえば、日足チャートを普段よりも少し長めのスパンで見てみてください。長期的なスパンでは、どこかの時点から急上昇が始まっていることがはっきりとわかります。角度が目に見えて大きくなっているからです。これだけで尋常ではないと判断できるはずです。

 

では、暴騰・暴落にはどう対処すればいいのでしょう?反動のタイミングを見極めることです。

 

そのために重要なのは、いかに冷静に為替(FX)相場を見ることができるかです。前述のように長いスパンでチャートをじっくり分析すれば、暴騰・暴落のタイミングをつかむことは、決して難しいことではありません。

FX入門〜初心者は暴騰・暴落の際にはポジションを小さくするのがポイント!

 

ただひとつだけ、注意が必要です。暴騰・暴落のパターンが現れるときは、相場の値動きが非常に激しくなります。そのため、強気で大きなポジションを取っていて見通しを誤った場合、大きな損失を抱えることとなります。したがって、ポジションはいつもより小さくしておいたほうが無難でしょう。

 

特に入門者や初心者の方は気をつけてください。暴騰・暴落では大きく儲けることよりも、大きな損失を出すことを避けねばなりません。なお、ポジションの取り方については、後ほど詳しく説明いたします。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!