Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者におすすめ!心理コスト低減にはメンタル強化と逆指値注文!

FXではエグジットしなければ取引が完結しないので入門者や初心者でもエグジット戦略が重要!

 

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けにプロの手法を紹介する資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方第7章の第4回目はFXでは心理的コストを鑑みるべきという講義でしたね。

 

まずは、FXでは「FX入門〜初心者向けコラム 評価益に意味はなく買いはゆっくり売りは早く!」でも先生が解説されていたように含み益はいくら計算しても意味がないので、エグジットをしなければならない。

 

そのためには入門者や初心者であっても、どこで市場から退出するかという、利益を出すにしても損失を出すにしてもエグジット戦略を立てねばならないが、その際にはコストを計算する必要があるということですね。

FX入門〜初心者注目!FXの必要コストはスプレッドと心理的コスト

 

そしてコストには3種類あるとありますが、現在では海外旅行の際などでの銀行での外貨両替には為替取引手数料が必要ですがFXではもう徴収している会社はまずないでしょう。

 

したがって、スプレッドと心理的コストの2つがFXにおいて、入門者や初心者を含め、考慮すべきコストということになります。

X君

FX入門〜初心者必見!実際はスプレッドよりもスリッページと売りの際のスワップポイントが大きなコスト?

 

そうですね、そしてスプレッドも現在では米ドル円取引では1銭以下と特に主要通貨ではほとんど考慮する必要がなくなってきています

 

もちろんトルコリラなどの高金利通貨では数銭は取られますが、それでも数銭であり、今井先生のおっしゃるように取引手数料と考えれば安いものです。

 

それよりも先生のおしゃっている実際のスプレッド、有事の際のスリッページ米国雇用統計などのサプライズでは数十銭、フラッシュクラッシュなどが起きると1円以上にもなりますから、このスリッページが実は大きなコストなのではないでしょうか?FX入門者や初心者の方は是非とも覚えておいてください。

 

また、金利が2.25~2.5%と先進国最高となった米ドルやトルコリラなどの高金利通貨を売りで入ってレンジが続いて長期保有することになるとスワップポイントが利益ではなく反対にコストとしてボディーブローのように効いてきて負担感が大きいのですが、これは中上級者向けのあくまでも例外ということで入門者や初心者向けであるこのサイトでは触れられていないのでしょうね〜。

FX入門〜初心者が第3のコストである心理的コストを小さくするにはメンタルを強くすることよりも逆指値注文を習慣化することが重要!

 

そして心理的コストですが、この思い通りに行った時には早く利食いをして安心して、逆に行った時はズルズルと損切りが遅れてしまうというのはFさんのお話を聞いていても確かにありますよね〜。

 

だからこそ逆指値注文がマストということなのですけど、この利食いを我慢して損切りは早くすることがFXの勝利の秘訣なので、今井先生はテクニックよりもまずメンタルを強くすることからこのサイトを始めているのだなあ〜と思えました。

 

こうして考えるとメンタルを強くしないと心理的コストが大きいので、ゼロサムゲームで勝率が理論上5割のFXで勝てないのは当然ですよね、しかもプロの方より情報面などで劣り経験もはるかに少ない個人投資家、特にFX入門者や初心者の方、が負けるのは当たり前になっちゃいますね

 

メンタルを強くすること、それは簡単ではないので、FX入門者や初心者の方はとにかく逆指値注文を習慣化することが重要なのだと改めて勉強になりました

 

Fさん

FX入門者や初心者は勝率5割は不可能なのでやはり3〜4割で大きく勝ち小さく負けるしかない!

 

はい、勝率5割は無理ですよね、トランプ大統領のツイートの前に下がっていたのはやはり情報を事前に入手していたプロがいるとしか思えませんし、プロと互角に渡り合い儲かっている個人投資家はX君のように逆指値注文を必ず入れるなどの基礎がしっかりしていて、またメンタル面が強いのではと分析できました。

 

私も逆指値注文は必ず入れて、メンタル面を強くするよう頑張っていきたいと思います。

 

そして「FX入門〜初心者でも勝率3~4割で勝てるが、1回の損失額を決める等徹底した資金管理が条件!」にあったように、やはり資金管理、一度の損失を全体の2~3%に抑えて逆指値注文を入れて損失を限定することが絶対なのだと、まだ体では理解はできていませんが、少なくとも頭では思い出すことができました。

FXではトレンド相場がこないのなら初心者でもレンジ相場で確実に勝てる時を狙うべき!

 

しかし勝てる相場で大きく利益をあげ、負ける相場では損失を最小限に抑える工夫が必要だと先生はおっしゃっていますが、大きく勝てるトレンド相場がなかなか来なくてこれではプラマイゼロですよね。

 

トランプ大統領のツイートがきっかけで米ドル円も2円ほど結果的には下がったわけですが、これは普段から相場の行方を考えていてドル高だと思っていた中でのドル安なので簡単なトレンド相場とは言わないですよね。

 

X君

そうですよね〜、誰にも読めないですよね、5月9日のZai FXのコラムでは米中交渉がどちらに転ぶか分からないので今井先生でさえノーポジとのことでしたから。

 

でも、米中貿易交渉が終わるのが10日金曜日だったわけで、6日月曜日に窓を開けて下がった時にあえて売りで入って、週末のポジション調整で戻す10日金曜日に買い戻すという手はあったのではないでしょうか?

 

トレンド相場ではないですが小さくても確実に勝てたののではと反省しています

 

レンジ相場では特にFX入門者や初心者の方はノーポジにするのがメインなのはいいと思うのですが、プロの方や専業の方はレンジでも儲けているわけですから、今回のようなケースは今までも何回かあったので次回はきっちりシナリオをトレードノートに書いていけると思ったら試してみたいです。

Fさん

確かにそうですよね。

 

今回は月曜日は久しぶりに下に大きく窓が開いたので、昔の私なら買っていたような気がします。

 

今は今井先生の本とこのサイトのおかげで買うことはなくなりました、売りは怖くてできませんでしたが。

 

しかし、しっかりシナリオをノートに書いてみれば、金曜までは売りで入るべきだと分かったと思えます、やはりトレードノートだけでなくシナリオもノートに書かないとダメですね。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!