Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者はポジションは少額IFDOCO注文を条件に、ボックス相場で練習!

FX入門〜初心者は少額からトレードを始めることが肝心!

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向け資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方第6章「今井流FX常勝売買手法初級」の講義の6回目はFX上達の道はトレード回数を増やして失敗の検証から学ぶ、検証に役立つのがトレードノートをつける事というお話ですね。

 

前回の「FX入門〜初心者はPDCAで失敗を自らの経験にする事で相場感を形成!」の講義の続きで相場感=危機回避機能を身につけるためには失敗を繰り返してそこから学ぶという話から始まっています。

 

そして、FX入門〜初心者は最初は少額でのトレードを繰り返すことで

 

1. 何度もトレードを繰り返し失敗することで、そこから学ぶことができる

2. 一気に稼ごうとして焦ると、全ての資金を失う確率が高くなる

3. 取引回数を10回ではなく1000回に増やす事で、勝率を50%に近づけられる

 

というわけですよね。

 

ファンダメンタルズがどう考えても円高だったので最初に米ドル円売りに大金をつぎ込んで半年ほったらかしにしておいて一気になくした私としては、頭の痛いお話です。

 

大きな利益を上げられる大相場は20回に1回というお話ですが、おそらくトレンド相場のことをおっしゃっているのでしょうがFXでは、ボックス相場での休むも相場はもちろん必須だが、大相場のために練習もある程度は必要ということでしょうかね、騙しになれるといかいう意味で。

X君

FX入門〜初心者はポジションは少額、シナリオを立て、エントリーとエグジットポイントを決め、IFDOCO注文でボックス相場で練習!

 

はい、先生は為替(FX)のプロでもデモトレから始めるのが基本だとデモトレを推奨されていましたが、他の記事ではデモトレだとメンタル面を鍛えることができないのでやはり実際のトレードでのプレッシャーに慣れることが必要だなどと、反対のことを書かれている事もよくありますよね〜

 

そう考えると、あくまでもポジションは少額にすることを条件に、ファンダメンタルズとチャートからシナリオを立てて、エントリーポイントとエグジットポイントをしっかり決めてから、IFDOCO注文で練習するべきと先生は仰りたいのかなと。

 

実際僕の場合は元プロの為替ディーラーの本を読んである程度FXを理解できたと思ってから、デモトレから始めて、次に少額で実トレードを行いました。

 

そのため、基本的に、IFDOCO注文しか行いません。

 

Fさんの場合は、エントリーポイントもてきと〜に決めて、エグジットポイントもあまり考えず、逆指値注文も入れていなかったので、このサイトに出会うまでは負け続けていただけなのかな〜と今回の記事を読んで思いつきました。

Fさん

……。はい、X君の仰る通りで、最近でもIFDOCO注文はたまに行うだけで、逆指値も入れたり入れなかったりです

 

一応エントリーポイントはファンダメンタルズやEMAの日足のサポートラインレジスタンスラインを見て決めるようになりましたが、今はまっているポンド円ロングのように予想通りにいかなかった時の対応ができていないのが問題なのですね、ご指摘ありがとうございます!。

 

今後はエグジットと損切りのポイントもしっかり決めた上でのIFDOCO注文以外はできるだけ行わないように心がけたいです、FX入門者や初心者の方も是非見習ってください。

 

FX入門〜初心者必見!PDCAで一番重要なCの検証にはトレードノートをつける事が不可欠!

 

次にFXではトレードノートをつけることが重要だと先生が書かれていますが、これもつけたり、つけなかったりでした。

 

しっかり書こうとするから面倒で三日坊主になっていたのは先生のご指摘通りです。

 

今後はトレードした通貨ペアとそのレートとボリューム、エントリーした理由であるファンダ、チャートと行動心理学、その結果が成功でも失敗であっても、検証のために全ての取引の記録を残すことにします。

 

PDCAの中でも一番重要なのはcheck、つまり検証なので、トレードノートを書かなくてはぐらいは分かっていました。

 

”これからは書くようにします!”とこのサイトでも何回も宣言しながら、書いたのはその時だけで、三日坊主までも至っていませんでした。

 

「資金管理のルールを曲げて、大きな損失を出してしまった。自分はバカだ!」という先生のご指摘は、まさに自分の一番悪い癖の一つだったので、トレードノートを書いて入れば何回も目に入り、さらに何回も書くことになり、さすがに治っていたのではと思うとトレードノートの習慣化の重要性が嫌という程わかります。

X君

そういうことですよね〜。

 

先生が最後に書かれているように、プロでも天賦の才に恵まれた人などほとんどいないのですから、入門者や初心者の方には地道な努力が必要ということですよね。

 

なんかFさんは今年は調子悪いみたいですけどプロでも最近は外れているようなので、大丈夫ですよ。

 

28日の東京仲値は久しぶりに大きいポジションで勝負!

 

ところで僕はこのところずーとノーポジでしたが、29日の東京仲値は「FX入門〜初心者におすすめ!月曜、五十日、月末が狙い目の東京仲値とシカゴIMM通貨先物」で今井先生が解説してくださったように、31日が日曜なので実質五十日な上に月末どころか年度末ということもあったので、ちょうど28日夕方にドル円が110.2円台になったところで大きいポジションを持ってみました

 

110.88円でポジションをクローズできました、さすが年度末ということだけあってアノマリー通りの展開でしたよね、Fさんもこれで負けを取り戻せたのではないのですか?

Fさん

 

X君はレンジ相場では休むも相場を決め込んで、アノマリーなどで確信があるときは必ず動く、今井先生の手法を使いこなしている感じですね、羨ましいです。

 

実は、このサイトの順位で大変なことが起こり、ちょうど28日の夜に帰宅してからFXは一度も見ないで、漫画2冊読んで、お酒とスイーツで現実逃避していました。

 

そういうわけで、よりによって、1年に1度のイベントを逃してしまいました…….、やはりイベント時にはカレンダーに入れてアラームを鳴らすとか必要ですよね、東京仲値も先月は全てカレンダーに入れていたのですが。

 

来月はGWですから機関投資家も休みだし、月末のドル買いは期待できないですよね、休み前の五十日に頑張ります。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!