Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者におすすめ!相場勘と相場感の違いとPDCAで相場感を身につける!

FX入門〜初心者必見!FXにおける相場勘と相場観との違い

登場人物 


Fさん

FX入門者から初心者脱却を目指す方向け資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方第6章「今井流FX常勝売買手法初級」の講義の6回目は失敗から学んで相場感を形成していこうというお話ですね。

 

FX入門〜初心者勝利の秘訣は相場観、相場感とPDCA!」でお話したように、第6感のような「これ不味いな」と気がつくのは天性の相場勘と後天的な相場感があり、今井先生は恐らく両方をお持ちなのだろうというのが私の解釈です。

 

先生の仰っているあるレベルまでくるとカチーンと音がするのに気付ける優秀な為替(FX)トレーダーというのはこの相場勘か相場勘の少なくともどちらかを持っているということだと思います。

 

私の場合には、何度もこれ不味いなという経験はしているのですが、どちらも持ち合わせていないので、オタオタしているうちに相場が下がってしまう、「FX入門〜初心者は途中でシナリオを変えて運を逃さないようにする事!」でお話した現在のポンド円での失敗がいい例で、まさに先生の解説通りです。

X君

FX入門〜初心者必見!相場感を身につけるには予習・実践・復習やPDCAが不可欠!

 

はい、確かに先週のポンド円は失敗だったけど、Fさんは相場観はもちろんですけど、相場感も少しづつ身についてきていると思いますけど

 

僕の場合は、そもそもリスクをあまり取らないし、売りからも普通に入れるしイベント前には基本スクエアなので、ミセスワタナベ狩りにもあったことがないです。

 

相場勘や相場感があるのかないのかよくわからないですけど、ないこともないって感じかなと。

 

Fさんは、先生の仰るように、失敗した時にどうして失敗したのかを検証することがまだ足りていないだけではないでしょうか?

Fさん

はい、X君のいう通り、また先生が書いていらっしゃるように、負けてもあまり気にしないでひきずらないところがFXでの自分の長所かと勘違いしていました。

 

FXでは引きずるのはダメだけど、ウジウジ悩んでいる方のほうが伸びるというのは意外でした!

 

私はまさに先生の仰る端から見ていると格好いいけど、懲りない方に近い気がします、負け続けていた理由がまた一つ分かってよかったです。

 

今後は、前にも書きましたが、トレードノートをしっかりつけて、なんで失敗したのかの復習をしっかりしていきたいです、ウジウジ悩むぐらいが私にはちょうどいいのかもしれません。

 

FX入門〜初心者注目!予想外のドル安で負けても仕方がない?

 

22日金曜に米国のダウ平均株価が500ドル近く下落、以前から紹介していたドイツの景況感悪化などが重なり、リスクオフで円全面高となりました。

 

3ヶ月の超短期の米国国債の利回りが10年国債のそれを上回ったことなどが後付けで語られていますけど、ドルが非常に強く日本企業のレパトリによる円高というアノマリーもないままに期末の3月22日を迎えたので、新年度に向けてのドル高予想が多かったわけです。

 

現在ドル安で損している方も多いでしょうけど、どうして円高になったのかを考えねばならないということですよね?

X君

そういうことですよね〜。

 

でも、25日月曜に日経平均が大きく下げることはわかっているわけですから、僕だったら朝に売りを出してスクエアにしておいて、欧州勢の動きをみて売りを外すデイトレを混ぜたりしますけど。

 

そうすればある程度の損は減らせますよね〜、でもこれは回転させるという手法で相場感とは違うかもですけど。

 

後付けですが、ドル円だったら22日にEMA21線を下に大きくブレイクしたところでマズイと思わねばならないということでしょうか?

Fさん

そうですよね、日足を見てみましたけど、確かにそうしたサインがありますね。

 

昨年からの課題ですけど、チャートにもっと注意を払わないといけないですよね。

 

それとやはりヘッジファンドがどの程度仕掛けてくるのかを読むことが一番重要ですね!

 

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!