Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者おすすめコラム 評価益は無視し買いはゆっくり売りは早く!

FX入門〜初心者注目!為替相場では評価益を呑むな!

 

FX入門者から脱初心者を目指す方向けのFXの資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方講義のコラムも第7回目となります。今回は為替(FX)相場では数字上の儲けは利益ではないをご紹介します。

 

「評価益を呑むな」という相場格言があります。FX入門者や初心者に見られる傾向ですが、ドルを1ドル=118円で買い120円になると「2円の利益がでた」と喜ぶ投資家がいます。

 

たしかに「118円で買ったドルが120円になったので2円の利益が出る」は正しいですが、これはあくまでこの時点で売買が成立した場合の話です。「計算上利益が出ている」という状態は、まだ実際に利益が上がっているわけではありません。利食いをして利益を確定して、初めて本当の利益になるのです。

 

FXに限った話ではありませんが、実益でなくまだ評価益の段階で利益として計算することは、やめましょう

 

FX入門〜初心者必見!為替相場では売りは早かれ、買いは遅かれ

 

また、「売りは早かれ、買いは遅かれ」という格言があります。売る時は早めに、買う時は急がずに、という意味です。つまり、「計算上利益が出ている」と喜んでいると、あっという間に値下がりして利益がなくなってしまうこともあるのです。

 

ですから、「2円の利益が出た」時点でひとまず売ってしまうことも、1つの方法です。もう少し値上がりするかもしれませんが、ひとまず利益を確定することにより、いきなり大きく値下がりした場合でも損失が少なくて済むからです。

 

変動する評価益に一喜一憂するのではなく、多少少なくても確実に利益が出ている時点で利食いし続けることも、FXで利益を上げるコツなのです。FX入門者や初心者の方も是非とも実行してください。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!