Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者におすすめ!相場に影響する欧州の主要経済指標

FXに影響を与える欧州の経済指標の入門〜初心者向け概要

 

FX入門者から初心者脱却を目指す方向けの、資産運用・分散投資としてのおすすめ始め方・やり方講義「今井流FX相場観作成手法」の第9回目は、前回の日本に続き、FX相場に影響を与える欧州の経済指標の解説です。

 

為替(FX)市場に一般の個人投資家が参加するようになってから、もう10年以上も経ちました。個人投資家からなるFX市場も急成長を続け、その間に、投資対象もますます多様化してきているようです。

 

2015年にスイスフランが急騰したときには、ヘッジファンドのようなプロの投資家だけでなく、FX会社や一般の個人投資家の方も影響を受けたというニュースには、正直驚きました。スイスフランは上級者向けということで入門者や初心者向けのここでは扱いませんが、ユーロ、ポンド、豪ドルの重要指標も、簡単に紹介していきましょう。まずはユーロからです。

 

FX入門〜初心者必見!まずチェックしておきたいのが、HICP!

 

ユーロ圏の指標として必ずチェックしておきたいのが、HICP(消費者物価指数)です。HICPとは、Harmonised Index of Consumer Pricesの略で、米国のCPI同様、ユーロスタット(欧州委員会統計局)が、ユーロ圏加盟国の物価指標をまとめたものです。毎月、同月末または翌月初旬に速報値、翌月中旬に確定値が発表となります。通常、指標では速報値が重要なのですが、HICPの速報値は前年比のみで前月比がないので、どちらも重要といえるでしょう。

 

第1章の「 FX入門〜初心者におすすめ!ユーロ、ポンド、豪ドルの特徴と比較 、アノマリー」で説明しましたように、ユーロ圏の中央銀行であるECBインフレに注目する傾向があります。現在デフレ状況にあるユーロ圏ですが、インフレの兆候が見えたならば量的緩和を緩め、徐々に引き締めの方向に転じることになるでしょう。その際には、為替(FX)相場も大きく反応することが予想されます。

 

量的緩和中止の発表で、2017年末に予想に反してユーロが大きく上昇したことは、記憶に新しいでしょう。ECBの金融政策をはかるという意味でも、ユーロ圏で最も重要な指標といっても、間違いではないでしょう。

 

GDPは当然重要だが米国と同じスタイルになり、特に入門者や初心者の方には便利に!

 

つぎは GDPです。日米同様、この指標はユーロ圏の国内総生産を示してくれるので、欠かせません。ユーロ圏も米国同様カレンダーイヤー(1月~12月)に基づいているので、4半期は1〜3月、4〜6月、7〜9月、10〜12月の四期となります。

 

以前は、ユーロスタット(欧州委員会統計局)が四半期終了後45日後に速報値を、さらにその20日後に改定値を、年4回発表していました。

 

しかし、2016年4月からは速報値、改定値、確定値の3つが発表され、最も重要な速報値は、四半期が終わった翌月である1、4、7、10月の月末に発表されることになりました。つまり、米国と同じスタイルに、変更されたわけです。

 

米国と欧州のGDP速報値が同じ時期に発表されることになったわけで、為替(FX)市場参加者、特に入門者や初心者の方にとっては朗報、といえるでしょう。この時期は、目を離せなくなりました

 

FX入門〜初心者は欧州で1番GDPの大きいドイツの指標である鉱工業生産指数とIFO景況指数に注目すること!

 

もうひとつ見ておきたいのが、ドイツ鉱工業生産指数とIFO景況指数です。上述の「 FX入門〜初心者におすすめ!ユーロ、ポンド、豪ドルの特徴と比較 、アノマリー」で述べましたが、米国と欧州の金利差をはかる際の指標となるのが、米国10年債とドイツ10年債のスプレッド差です。

 

つまり、欧州の中でも最大の経済大国かつ輸出国であるドイツ経済の動向を、為替(FX)マーケットが注目している、ということです。そして、その経済状況を知る上で最も重要な指標が、鉱工業生産指数とIFO景況指数ということです。

鉱工業生産指数は、ドイツが日本と同様に工業製品の世界的な輸出国であることから、その重要性がご理解いただけるでしょう。IFO景況指数は、日銀短観同様に公共機関が景況感を調査する質問を行うもので、その信頼性が高く評価されています。

 

日々の為替(FX)市場は、材料がないときには、特にドイツ10年債の利回りに左右されます。その10年債の利回りに大きな影響を与えるという意味からも、入門者や初心者の方にとっても重要な指標といえるでしょう。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!