Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

FX入門〜初心者おすすめコラム 負けを素直に認め損切りし、最後に笑おう!

FX入門者や初心者も損は小さく、儲けは大きく!

 

FX入門者から脱初心者を目指す方向けの資産運用・分散投資としてのおすすめFXの始め方・やり方講義のコラムも第5回目となります。今回は最後に笑おうをご紹介します。

 

損は小さく、儲けは大きく」という格言があります。FXを含めた投資で大事なことは、損失を限定して利益を極大化することです。

 

10回トレードをして10回全て利益を上げようなどと、欲張ってはいけません

 

一流と言われる3割バッターでさえ10回に7回はヒットを打てないわけですが、打てないたびにムキになったり、しょげたりしていては、それこそ打てるものも打てなくってしまいます。FX入門者や初心者の方は肝に銘じておいてください。

 

FX入門〜初心者必見!FXにおいては負けを素直に認めることが損切りに繋がる!

 

FX入門者や初心者の方は負けたときは、負けを素直に認めましょう。そうすれば、損失を被ってもあきらめること(損切り)をできるようになります。損失を出したのは次に利益を上げるためのステップだ、と思えばいいのです。

 

見切りは早く、儲けは大きく」、「見切り千両、損切り万両」という警句もあります。損を小さくするには見切りを早くすることです。見切りの早さが損を小さくする、ともいえます。

 

たとえば、10回取引を行い、7回損失を出してしまったとしましょう。1回につき1万円の損が出たのであれば、トータルで7万円の損失です。しかし、残りの3回勝って1回につき5万円利益を出せばトータルで15万円、結果として8万円の利益となります。

 

逆に、9回勝って1万円ずつ利益を出したとしても、1回負けたときに10万円損失を被ると、マイナスになってしまいます。

 

FXでは、その場その場の取引の勝ち負けではなく、長期的な勝率で考えることが必要なのです。FX入門者や初心者の方は特にこの警句を忘れないようにしてください。

 

当サイト内の文章・画像等の無断転載は厳禁とさせていただきます。引用される場合には、著作者名と当サイト名を必ず明示し、引用された部分をカギカッコで囲うなどの引用ルールを厳守ください。

 

記事のSNSでの拡散へのご協力、よろしくお願い致します!